What do you usually do on Easter?

Q: What do you do on Easter?

A:Easter is coming up soon, and one of the most common activities is the Easter egg hunt. In the past these were almost always held at home, and parents would hide the eggs the family had dyed around the house or in the yard. Kids would run around and collect all the eggs in a basket, and compete to collect the most eggs.

 
These days, it’s very common to see community egg hunts. For food safety (and fragility!) reasons, these types of egg hunts use brightly colored plastic eggs, which are usually filled with candy. We can see egg hunts like this at churches, schools, and in public parks.

 
In some cases, companies will sponsor or host egg hunts. In my area there is a dairy company that’s quite popular. Their main office is on a farm, and since they have lots and lots of space, they host community egg hunts every year. Hundreds of kids come out to “hunt” for eggs. Usually, the groups of kids are broken up by age, but typically no one over 12 years old is allowed to participate.

Of course, this year, community Easter egg hunts will not be allowed, but perhaps there will be many family hunts, just like in the past 🙂

(和訳)
Q: イースターには何をするの?

A: もうすぐイースタね。最も一般的な行事にイースターエッグハントがあるわ。かつては、ほとんどが家庭でやっていて、親が家族で染色した卵を家や庭に隠して、子供たちが走り回って卵をかごに集めて、集める卵の数を競争したものよ。

最近では、地域でのエッグハントが普通ね。食品の安全(それと壊れやすさね!)のため、この種のエッグハンドは色のついたプラスチックの卵、たいていキャンディが入っているものを使うの。このようなエッグハントは教会や学校、公園で見ることができるわ。

企業がエッグハンドのスポンサーになったり、主催したりすることもあるわね。私の地域では、結構有名な乳製品の会社があるの。その本社は農場にあるから、広大な場所があるから、その会社は毎年エッグハントを主催しているわ。何百人の子供たちが卵を探しにやってくるわよ。たいてい、子供たちは年齢でグループ分けされるのだけれど、12歳以上は参加できないのが普通ね。

もちろん、今年は地域のイースターエッグハントは禁止されるけれど、家族でのエッグハントは今まで通りたくさん行われると思うわ。

小池真由美の英会話習得法メールマガジンのお申込み

留学経験がなくても国際会議運営や通訳を務めるまでになった秘密の英会話習得法をメールマガジンにて無料で絶賛配信中!!

*メールアドレス