You can own guns in the U.S. Do almost all people own a gun?

Q: You can own guns in the U.S. Do almost all people own a gun?

A: No, most people in the US do not own guns. Only about 30% of people in the US own guns.

Gun ownership also depends somewhat on where you live. Fewer people who live in cities own guns, but more people who live in the countryside do. There are also many different reasons to have a gun, and different types. For example, a farmer might have a shotgun to scare (or kill) predators who are bothering his farm animals. A person who likes to hunt would probably prefer to use a rifle. People who own a gun for personal protection would prefer a hand gun. People who take part in competitive shooting events may use a pistol or a rifle.

I think people get the wrong idea about how many people own guns because typically, if a person has a gun, they have several. It’s rare for a gun owner to have just one – especially in the case of hunters.

(和訳)

Q: 米国では銃の所有が認められていますが、ほとんどの人が銃を持っていますか?

A: いいえ、米国のほとんどが銃を持っていないわ。持っているのは約30%にすぎないの。

銃所有も住んでいるところによるわ。都市部に住む人ほど銃を持っていなくて、田舎に住んでいる人の方が持っているわね。銃を持つ理由は様々で、その種類もいろいろあるの。例えば、農家は家畜を脅かす外敵を脅す(殺す)ためにショットガンを持つことがある。自己防衛のために所有する人はハンドガンを選ぶんじゃないかな。射撃の競技イベントに出る人はピストルやライフル銃を使うかもしれない。

銃を持っている人は、たいてい何丁か持っているから、所有している人の数について正しく認識されていないと思うわ。特に猟師の場合はそうなんだけど、銃所有者が一丁しか持っていないのは稀なのよ。

 

 

小池真由美の英会話習得法メールマガジンのお申込み

留学経験がなくても国際会議運営や通訳を務めるまでになった秘密の英会話習得法をメールマガジンにて無料で絶賛配信中!!

*メールアドレス